New Item

チタニウム プロテクションスクリーン ラジエター for Ducati Monster (937)

お求めはこちらから

モトコルセ インフォメーション : イベントや新商品などMOTO CORSEからの最新情報をお伝えします!

Panigale V4!

EICMA2017で話題沸騰のPanigale V4。ライディングポジションは、現行LツインエンジンのPanigaleと比較すると、フューエルタンクのニーグリップ部分に若干の幅広さを感じますが、ハンドルバーが近い感じでコンパクトな印象を受けました(テスターは168cm)。スーパーバイクモデルでこの表現はちょっと違うのかもしれませんが、ツーリングに行ってこい、といわれたらPanigale V4を選びたくなるような感じでした。

DXC Ver.2018 at EICMA2017

今年の春、東京モーターサイクルショーにて発表させて頂きました MOTO CORSEコンプリートバイクDXC。同系統モデルであるDIAVELよりもロー&ロングのワイドなライディングポジションにより、クルーザーとしての性質を特化させたXDIAVEL。しかしDUCATI歴代モデルの中で最大の排気量1262ccを誇り最新の電子デバイスにてコントロールされるテスタストレッタDVTエンジンを搭載するXDIAVELが秘められたDUCATI DNAに裏付けられたの本質を、大胆な発想とともにスポーツモデルヘ昇華させたのがDXCコンセプト。

Z9RSC

今日から一般公開がはじまる東京モーターショー2017。先日ご案内させて頂きましたモトコルセ最新のコンプリートバイクZ9RSCは、東7ホールのKawasaki/川崎重工業様ブースメインステージに話題のZ900RSとともに展示されています。昨日は午後からのプレビューデーでしたが、平日にも関わらずクルマやオートバイ好きな熱心なお客様がたくさん来場されており、ここKawasaki様のブースにもZ900RSをはじめ、同じくワールドプレミアされたNinja400やNinja250を一目見ようと訪れていました。

MotoGP MOTUL日本グランプリ in Capitタイヤウォーマー

ツインリンクもてぎにて開催中の2017 FIM MotoGP世界選手権 MOTUL日本グランプリ。今日は公式予選日。天候は残念な雨模様ですが、早朝からたくさんのグランプリファンが来場。中央エントランスでは様々なイベントが催されとても盛り上がっています。CapitタイヤウォーマーもスタンダードタイプのスープレマからGPチームが使用するファクトリーまで展示。実際に手に触れて頂きCapitの特徴をしっかりとご説明。中身が見えないタイヤウォーマー。価格だけの判断では、折角安全にサーキット走行を楽しもうとしていたのに、ガッカリするばかりでなく、かえって危険な目にあう可能性もあります。世界を転戦するGPチームから絶大な信頼が得られている本物のタイヤウォーマーCapit。適合サイズもGP/JSBからポケバイまで豊富なラインアップをご用意しています。

ROUTE三陸フェスティバル

東日本大震災から6年。バイク乗りのコミュニティの強さ、フットワークの軽さを活かしてさらなる復興に寄与したい。そして、震災の記憶を風化させず後世へと語り継ぎたい……。そんな想いで始まったのが、「ROUTE三陸プロジェクト」(ROUTE三陸プロジェクトウェブサイトより抜粋)エイ出版社・CLUB HARLEY誌主催のこのイベント、来週末の10月7、8日は気仙沼〜南三陸〜松島〜仙台と三陸地方を堪能する1泊2日の有料ツーリング「ROUTE三陸ツアー」が開催されます。既に申し込みは締め切られていますが、三陸の絶景やグルメを堪能するこのツアー、とても魅力的ですね。来年は是非参加したいものです。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る