ドライブチェーン520コンバートのすすめ

以前にもご紹介させて頂きましたが、モトコルセではドライブチェーンの520コンバートをお勧めしています。

何故、520コンバートをお勧めしているのかといいますと。

まず、チェーンサイズ自体を小さくすることで、チェーン自体の軽量化となり慣性質量を大幅に低下させることができます。
過去に私たちが測定したところ、 Ducati Panigale V4Sから取り外したチェーン+STDフロントスプロケット+STDリアスプロケットのTotal weight3.82kgに対して、 DIDチェーン+XAMフロントスプロケット+STM 520 クイックリリース スプロケットキャリア+STM 520 クイックリリース スプロケットのTotal weigthは2.38kg。と、約1kgもの軽量化となります。

外したドライブチェーンを手に取ってみた方ならわかると思いますが、チェーンって意外と重いんですよね。

そして、チェーンの低フリクション化と軽量化がもたらす恩恵は、スロットルとリアタイヤの間に不純なものが一切介在していない様なダイレクトな加速を実現し、慣性質量の低下から減速までもスムーズになり、そしてエンジンブレーキもさらに扱いやすいものになります。
バネ下の回転部分が軽量化されることによりジャイロ効果も軽減され、ワインディングやサーキットでの車体の切り替えしが驚くほど軽快になり、オートバイの醍醐味がより一層楽しめるようになります。

当然、チェーンだけを換えて520コンバートは出来ませんので、当然スプロケットも必要になってきます。

そこで、ご紹介するのがおなじみSTMからリリースされているクイックリリーススプロケットキャリアです。

このスプロケットキャリアは、525から520にコンバートするのに重宝するのはもちろん、商品名称の様にスプロケットの交換がSTDに比べて圧倒的にクイックに行えます。

STDのスプロケットを外すには、センターの大きなナットを緩めなくてはいけませんから、スプロケットを交換するとなるとそれなりに大ごとになりますが、このSTMのスプロケットキャリアなら一度付けてしまえばスプロケットの交換は10ミリのメガネレンチとチェーンの遊び調整用の工具の2点で出来てしまいます。

そして、スプロケットの歯数も36Tから43Tまで豊富に揃っていますのでご自身の好みに合わせてお選びいただけます。

一時期生産がストップしていた、1098やDIAVEL、最新のムルティストラーダ1260に適合の製品も生産が再開されましたので、全てのDUCATI片持ちスイングアーム採用モデルのユーザー様にお勧めできます!

製品ラインナップは、998系に適合のADU-0070と1098/DIAVEL/ムルチストラーダ1260に適合のADU-0110

そして、V4を含むPANIGALE系に適合のADU-A140の3種類となります。

ムルティストラーダ1260はSTDが530サイズと、525よりもさらにワンサイズ大きいので押し引きですでに違いが分かるほどフリクションが軽減されます。

高速で回転するスプロケット部分が軽量化されると、運動性能と走行フィーリングに数値以上の絶大な効果がありますので本当にお勧めです!

そして、もちろんSTDに比べてクオリティーの高さが格段にUPしてますから、愛車に対する愛情もますます深まります。

ADU-A070  916/996/998/748シリーズ
ADU-A110  1098/1198/DIAVEL/Street Fighter/Multistrada
ADU-A140  Panigale 1198/1299/V4
価格:¥28,800(税抜き)
スプロケット 1枚¥8,800(税抜き)

STM Stile アクセサリ & スプロケットはこちらで詳細をご覧いただけます ▶

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る