DB6CR化!!その4!!

こんにちは、厚木LABメカニック池田です。

カドワキコーティング様よりフレームとエンジンも、出来上がってきましたので、いよいよ組み立てです。

フレームが先に出来上がってきましたので先に組み立てました。仕上がったばかりのフレームに傷などが入らぬようにテープなどで保護し丁寧に組み上げていきます。

フレームでの今回の変更点は、TESI3Dタイプのリアフェンダーを取り付けました。

取り付けするのに、スウィングアームに加工が必要となります。ぴったり合うので、リアショックへの砂の跳ね上げ防止にもなります。

 

そしてエンジンです。

クランクケース、シリンダー、シリンダーヘッド、は耐熱塗料でコーティング。

左右のケースカバーはシャンパンゴールドで塗装しました。

 

組み立てていきます。

クランクベアリングにはプリロードをかけなければなりませんので計測し適正なシムを選んでいきます。

シリンダーヘッドも組み立てて行きます。

今回、バルブガイド交換とバルブシートカットを行いましたので、もちろん元のバルブシムでは対応できません!しっかりと計測し適正値に合わせます。

 

ピストンは「ピスタルレーシングのハイコンプピストン」です。 圧縮比10:1から11.5:1となります。ピストン中心部分の盛り上がりにご注目ください。

これがハイコンプの証です。

  

 

そして気になってる方も多いと思いますが、クランクケース後ろ側のバリ

は除去しました!! 

ちょうど見えるところなのですが、あまりきれいではありません。

     

before

 

こんな感じできれいにしました。

after

 

そして組みあがったエンジンをフレームに乗せました。 

もう少しで完成です。

厚木LAB.メカニック池田

カテゴリー: DB6CR化, インフォメーション, カスタム パーマリンク