King Of EURO FIGHTER@岡山国際サーキット

先週末、岡山県美作市にある岡山国際サーキットでの
全日本ロードレース選手権にてサポートレースとして併催されました、
Made in 海外のオートバイで繰り広げられるレース、
King Of EURO FIGHTER
初の開催となる今回、モトコルセは
ATマスターズクラスに、DB5CR
スーパーバイクマスターズクラスに、NEW F4
と、2台体制ながらも、走る営業はなわのダブルエントリーで参戦しました。
土曜日、双方のクラスの予選前、突然の雨にて完全なウェットコンディション。
スペアホイールのあるDB5CRは、レインタイヤに履き替える事が出来ましたが、
今回F4は、スペアホイールすら用意出来ておらず、
大半がレインタイヤで予選走行する中での我慢の走行。
DB5CRは、AT/ATマスターズ /EF-SS/SSマスターズクラス出走18台中、
見事ポールポジションを獲得。
F4は、EF-SBマスターズ /MT/MTマスターズクラス出走17台中、13番グリッドとなりました。
公式予選の後、ドライコンディションの中、AT/AT-M /EF-SS/SS-Mクラスの決勝が開催。
ポールポジションのDB5CR/はなわにはレースクィーンが寄り添います。
IMG_7874.jpg
かなりうれしそうです・・・。
IMG_7885.jpg
全日本JSBをDUCATI1098Rで戦う、須貝選手
IMG_7886.jpg
全日本ST600クラスを戦う、稲垣選手
周回数8周のレースは、スタート直後から、ポールスタートのはなわと、
12番グリッドからスタートダッシュを決めた、#52池田選手(D;REX)との
激しいバトルが展開。
IMG_7913.jpg
一旦は池田選手に先行されますが、
IMG_7900.jpg
日頃の営業活動同様、落ち着き払ったはなわは、冷静に池田選手の走りを観察。
7周目には、ベストラップ1'39.894を叩き出し追走。
最終ラップにきっちり仕掛け、
IMG_7913.jpg
0.053秒差という僅差ながらも、ポール・トゥ・ウィンを決めることが出来ました!!
IMG_7928.jpg
IMG_7953.jpg
そして翌日、日曜日にGP-MONO、GP125の決勝に引き続き開催された、
EF-SBM /MT/MT-Mクラス決勝。
今回レース初参戦のNEW F4は、
保安部品を外した上で、
削り出しインナーフランジが美しい、イタリアALTH社製φ320mmブレーキディスク
IMG_8185_1.jpg

レースレギュレーションに適合した、ベリーパン形状のドライカーボン製ボトムフェアリング

IMG_8185.jpg
を装着しただけの、スタンダード状態。
サイレンサー・エキゾーストすらも交換していません。
(現在開発中です。今しばらくお待ち下さいませ)
このドライカーボン製ボトムフェアリング、
スタンダードサイドフェアリングの合わせ目にぴったりフィットする、
モトコルセ製品ならではの美しい仕上がり!
NEW F4でサーキット走行を楽しむ予定の方、必需品です。
もちろん、スタンダードのボトムフェアリング同様に、
サイドスタンド装着を考慮したデザインとなっていますので、
サーキットからストリートまで、ばっちり対応出来ます。
現在開発も最終段階に入っていますので、
後日改めて、本ドライカーボン製ボトムフェアリングの価格及び詳細をご案内致します。
NEW F4オーナーの皆様、乞うご期待です。
さて、今回のKing Of EURO FIGHTER、
モトコルセはなわだけでなく、
IMG_7977.jpg
兵庫県姫路市のMV AGUSTA/HUSQVARNAディーラー、
シースケープ/フォートレスハリマ代表の藤原社長も、NEW F4を駆って参戦です。
IMG_7976.jpg
大勢の観客の中、いよいよ周回数8周のレースがスタートです。
IMG_7999.jpg
後方13番グリッドから絶妙なスタートで、ポジションをあげるNEW F4/はなわ。
RC8Rを駆る#3井上選手と、999Sを駆る#99田辺選手とで5位争いを展開。
最終ラップまで、井上選手とのバトルは続きます。
IMG_8026.jpg
いよいよ最終ラップ。
最終コーナーから先に立ち上がってきたのは、RC8R井上選手!?
IMG_8106.jpg
しかし、ここからNEW F4のパワーが炸裂!!
最終コーナー立ち上がりを、NEW F4のパワーを活かせるラインを走り、
スリップストリームを使う事無く、前を走る井上選手を
ゴールライン前で、難なくパス!!
IMG_8107.jpg
IMG_8108.jpg
IMG_8110.jpg
IMG_8111.jpg
IMG_8113.jpg
IMG_8114.jpg
IMG_8116.jpg
IMG_8118.jpg
最終ラップに、1'40.431を叩き出し、
見事、総合5位、クラス2位という結果を出す事が出来ました!
IMG_8166.jpg
シースケープ/フォートレスハリマの藤原社長も、
超~久しぶりのレースにも関わらず、年齢を感じさせない走りで、
終盤にはベストラップ1分48秒台の立派なタイムを出し、
無事レースを終える事が出来ました。
IMG_7994.jpg
しかし、上位4台を含め他のマシンは、きっちりとレース仕様に仕上げられているのに対し、
2台のNEW F4は、ほぼスタンダード!
NEW F4の素性の良さを実感させられるレースでした。
IMG_8172.jpg
IMG_8198.jpg
皆様、お疲れ様でした!!
A-GYOいけだレポート

カテゴリー: インフォメーション パーマリンク