月別アーカイブ: 2014年3月

東京モーターサイクルショーMOTO CORSEブースへのご来場ありがとうございました!

先週末東京ビッグサイトで開催された、第41回東京モーターサイクルショー。

最終日の日曜日、生憎の天気となりましたが昨年よりも多い、113,830人ものお客様にご来場頂きました。

MOTO CORSEは例年同様に、本ショーに出展させて頂き、こちらもたくさんのお客様にお立ち寄り頂きました。10万人を越す日本最大のモーターサイクルショーに毎年出展する機会を頂けるのは、日頃の皆様よりの暖かいご支援の賜物です。モトコルセスタッフ一同心よりお礼申し上げます。

tmcs mc1

今回新たな提案として、DUCATI1199PANIGALEをベースにしたコンセプトスタディモデル、1199NUDA VELOCEをはじめ、DVC、DB8C、TESI3DCRなどのコンプリートバイクや、スペシャルパーツの数々を展示。

また、モトGPやワールドスーパーバイク、全日本ロードレースを戦うトップチームに選ばれる、STMスリッパークラッチ、CAPITタイヤウォーマーも展示させて頂きました。

IMG_8379

どーですか?アルミ削り出しのクランクケースカバー!が輝くSTM ドライクラッチコンバージョンキット。DIAVELオーナーの皆様もう少しお待ち下さいませ。もちろんMULTISTRADA1200やMONSTER1200にも装着出来ますよ!

IMG_8406

クラシックスーパーバイク用スリッパークラッチも展示。GPZ900R用、Z1000J/R用も発売開始までもう少しです。

IMG_8387

今年も多くのGPライダーのライディングをサポートするCAPITタイヤウォーマー。

DSC_0726

極太でありながら色っぽい”曲げ”が特徴的なNGCエキゾーストシステム。乗ったらもっと凄いんです!

tmcs1

DUCATI SHIBUYAセールスの提坂も、皆様に展示内容の説明からメインステージでのPRタイムまで大活躍です!

IMG_8411

本ショーで展示させて頂いた新製品の数々は、出来る限り早く本ブログで改めてご紹介させて頂きます。

今後も引き続きMOTO CORSEをご愛顧下さいます様何卒お願い申し上げます。

カテゴリー: インフォメーション, モーターサイクルショー | 東京モーターサイクルショーMOTO CORSEブースへのご来場ありがとうございました! はコメントを受け付けていません。

1199Panigale S、Rについて!

皆様こんにちは!

 

以前、DUCATI SHIBUYAの新しいスタッフとして紹介していただいた 森山です。

 

皆さまこれからお世話になります!よろしくお願いしますaimg449.gif

 

 

週末に開催されていたモーターサイクルショーはいかがでしたか?

残念ながらわたしはお店にお留守番していたので皆さまのご感想を聞かせてくださいaimg310.gif

 

さて、今回はよくある質問の中からひとつお答えします!

 

『1199Panigale S と R は何がどう違うの?』 という質問です。

 

 

DSC00741

 

DSC00734

 

パッと見ただけでは分かりづらいですよね。(上Sモデル、下Rモデル)

 

 

1199Panigale Sはオーリンズ製の電子式サスペンション、

マルケジーニ製のアルミホイールを備えた究極のスポーツバイクです。

 

Rモデルはそこからさらに進み、DLCのロッカーアームとチタンコンロッド、

軽量フライホイール使用しています。

 

そのため乾燥重量を比べてみると、

 

S 170.5kg   R 169kg

 

ただでさえ軽い重量が更に-1.5kg軽量化されています!

 

その結果、Sモデルからさらに500rpm回るようになり、レブリミットは1万2000rpmに上がりました!!

 

 

またカーボンファイバー製のパーツを、ヒールガード、

エアコンベイアカバー、リヤフェンダー、片持ち式スイングアームのプロテクターなど

を装備しています。

 

 

よりレースベース仕様につくられているのでスポーツバイク好きにはたまらないですねぇaimg449.gif

 

 

バイクに関して分からないことや不安に思っていることなどどんどん質問してください!

 

DUCATI SHIBUYAでお待ちしております。

カテゴリー: インフォメーション, ストア インフォメーション | 1199Panigale S、Rについて! はコメントを受け付けていません。

足回りのリフレッシュⅡ!!

皆様こんにちは! DUCATI SHIBUYA 三町でございます。

LAB 佐藤に続き、R.サスペンションのリフレッシュのご案内です。

R.サスペンションを取り付けしたまま、又はメンテナンスいつしたっけ!となっていませんか?

サスペンションは残念ながら、消耗品です。オイルの劣化、ガス圧の低下、摺動部の磨耗が進行する事は、避けられません。

P1070843

オイルはこんなにも汚れています。(左側が新品です。)

メーカー推奨のメンテナンスのインターバルは10,000~20,000km又は2年に一度です。

P1070841

P1070842

P1070844

そういえばと心当たりのある方、ご相談下さい!

ご予約をして頂ければその日のうちに作業を完了し、乗って帰っていただけます!

新しいシーズンを気持ちよく迎えましょう!

P1070845

オーバーホールと同時に、スプリングリテーナーの取り付けもお勧めいたします。aimg508.gif

カテゴリー: インフォメーション | 足回りのリフレッシュⅡ!! はコメントを受け付けていません。