カテゴリー別アーカイブ: プロモーション

STM ドライクラッチコンバージョン!!


皆様こんにちは。

 

全開営業中の、

DUCATI SAITAMA 

(2015年2月開店予定仮ショールーム及び仮サービスファクトリー)

メカ池田です。

 

最近のDUCATIのクラッチ湿式となってしまいましたが、やはりDUCATIといえば乾式クラッチ(ドライクラッチ)と、思っている方は多いはず!!

 

しつこいようですがDUCATIには、こうするしかないのです!!

 

今回は、ムルチストラーダ1200パイクスピークに取り付けしました。

CIMG6621

 

このままでも、とてもかっこいいのですが…..。

 

分解し、STMのパーツを組み込んでいきます。クランクケースカバーを組んでしまうと見えないのですが、交換するギヤも軽量化のための肉抜きがあります。

 

CIMG6642

 

そしてケースカバーで蓋をします。もちろん削り出しなのですが、僕はいつも作業しながら、「これ一つ削り出すのにどんだけ時間が掛かるんだろう?」などと考えてしまいます。左がOEM右がSTM製です。

 

 

CIMG6630

 

これでドライクラッチ化できました。これでクラッチはエンジンの外です!

 

CIMG6645

 

クラッチユニットはEVO-GPです。現在STMトレードインプロモーション中なので交換するのなら今がチャンスです。

 

 CIMG6677

 

これで完成です。DUCATIのエンジンには乾式クラッチが良く似合います。

 

もちろん変わるのは外観だけではございません!スリッパ-機構作動時のフィーリングは、とにかくスムーズで格別です。

さらに見た目も小柄なEVO-GPですが、STM製のDUCATI向けクラッチシステムのなかで、もっとも軽量なのです!!そのおかげで、軽快なシャラシャラ音と共にエンジンのレスポンスも軽やかに感じます。

 

CIMG6702

2015年を最新のクラッチで、スタートしましょう!!

 

今年も、残りわずかとなりましたが年内は28日(日)まで営業しております。

皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。

 

DUCATIさいたま 池田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: DUCATI SAITAMA, インフォメーション, カスタム, ストア インフォメーション, プロモーション | STM ドライクラッチコンバージョン!! はコメントを受け付けていません。

1199 STMドライクラッチコンバージョンキット!!


皆様こんにちは。

全開営業中のDUCATIさいたま

(2014年12月1日開店予定仮ショールーム及び仮サービスファクトリー)

池田でございます。

 

今週末はついに

「モトコルセ秋祭り」です。

 

皆様の週末のご予定は大丈夫でしょうか?

 

いろんなパーツが、お得になるわけですが、こんなパーツのご案内です。

 

STMドライクラッチコンバージョンキットです。

まずは装着前の画像です。

CIMG6119

 

まず分解。

 

CIMG6129

 

ギヤを交換して、

 

CIMG6133

 

加工済みのケースカバーを取り付けます。

そしてこのお椀のようなパーツをセットします。

 

CIMG6136

 

これで、クラッチユニットはエンジンの外へ。

 

CIMG6138

 

後は、クラッチユニットを組み込むだけ。

 

CIMG6139

 

CIMG6141

ここまでの所要時間たったの3時間!!

ですが、ガスケットを乾かす時間が必要なので走行できるまで一泊していただきます。

CIMG6147

 

クラッチ一つで、ワンランク上の走行性能、そして車体を華やかに彩ります。

 

DUCATIには、やっぱり乾式クラッチが良く似合う!!

 

こんなスペシャルパーツも、特別価格で購入できるスペシャルな2日間!!

 

お誘いあわせのうえ、皆様の御来店を心よりお待ちいたしております。

DUCATIさいたま 池田

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: インフォメーション, カスタム, ストア インフォメーション, プロダクト, プロモーション, メンテナンス, モーターサイクル | 1199 STMドライクラッチコンバージョンキット!! はコメントを受け付けていません。

Capitタイヤウォーマー@MotoGP日本グランプリ

いよいよスタートしましたMotoGP日本グランプリウィーク。今日水曜日から続々とチーム/ライダーが来日し、ツインリンクモテギでは着々と準備が進められています。

GP1

今年はスーパースピードウェイ上に特設の『ビクトリースタンド』が設けられ、これまでとは比べものにならないくらい”間近”にMotoGPの迫力を味わうことが出来ます。しかも、このビクトリースタンドからは各チームのピットの様子もバッチリ見えます。

プロフェッショナルの無駄のない動きなどを見て頂くことで、サーキット走行を楽しんでいる方にとってはとても勉強になる良い機会ではないでしょうか。

そんな中でご注目して頂きたいのは、もちろんCAPITタイヤウォーマー。

1452019_751214938285147_2169072195872897564_n

MotoGPだけでなく、Moto2、Moto3においても、その性能と信頼性の高さから多くのチームに採用されています。

capit1

MotoGPだけでも、これだけのチームがCAPITを使用しています。

Movistar YAMAHA MotoGP, Monster YAMAHA Tech3, LCR HONDA MotoGP, DUCATI Team, NGM Forward Racing, Avintia Racing

これに加え、来年MotoGPに復活するSUZUKIチームもCAPIT!

10703971_835432816477136_5986673329466468376_n1

そして今年もCAPITは、皆様にそのクオリティを実際に感じて頂くために、ツインリンクモテギ中央エントランス一帯のグランプリオアシスの中の『カスタムヴィレッジ』に出展させて頂きます。

GP2

CAPITについてのご質問だけでなく、正しいタイヤウォーマーの使用方法などをご説明させて頂きます。

この他、様々なメーカーの出展ブースに加え、ステージイベントやポケットバイク試乗会など、大人からお子様まで楽しめるエリアになっていますので、是非お立ち寄り下さいませ!

 

カテゴリー: Capit-カピット, イベント, インフォメーション, プロモーション | Capitタイヤウォーマー@MotoGP日本グランプリ はコメントを受け付けていません。